施術後の冷却ジェルって何の意味がある?

キレイな肌の必須条件については毛が無い肌。
すべすべの肌を手に加えるために脱毛サロンやクリニックに通われている方においても標準的であると聞いていますが、脱毛器を射出する前に必ず塗られる冷却ジェル。
何度施しても慣れない寒さに違いないでしょうが、なぜ脱毛前に冷却ジェルを附ける必要が見られるのとは違いますか?

 

脱毛器の光エネルギーはもちろん熱を発現させます。
こういう熱に対しては直接肌に放光してしまうとなると腫れ、火傷を行って仕舞うものというわけで、その熱を鎮静化する冷却ジェルに対しましては必要のことを指します。
脱毛は光エネルギーを毛根にダメージを保持させることで毛を再生やらせなく行わせるので、それほどの熱量というわけで、冷却ジェルが苦手という理由からと考えて塗らないで施術するのは出来ません。

 

また、冷却ジェルの方には熱量を穏やかにするに拘ることなく、光エネルギーは乾燥した肌だとしても刺激に定められてしまうので、冷却ジェルをすり込んでおくことで水分を保たせて安全に脱毛決定するといった意味にも達して脱毛前に塗布します。

 

ただ、脱毛が完了するには何度までも施術を受けない事にはいけないので、どうにも冷却ジェルが苦手活用することで塗りたく発見できないという方の方には脱毛サロンの中にはホットジェルで行う脱毛器を使用実施されているサロンが生じるので、どうにも冷却ジェルが苦手という方に関してはこれに勝る脱毛サロンを選出しましょう。